ブログトップ

海風に吹かれて

カテゴリ:孤独の名画座( 10 )

孤独の名画座(その10)

先週金曜日の夜に鑑賞した映画です。




これぞ、フランス映画という感じ。

50代の女性の高校教師の数年間を綴ったペーソスあふれるストーリーでした。
悲しいことがあっても、一人になって寂しくなっても、時間はさらさらと流れて、たまにはいいこともある。
なんだか身につまされる内容でした(苦笑

凛として生きる、いい言葉です。

にしても、こんな授業を受けたかったな。
ボクが通っていた高校の哲学(当時は倫理社会?)の授業はもろ受験対策な内容で、なんの意味も見出せませんでした。

[PR]
by shinzo_h | 2017-10-01 23:51 | 孤独の名画座 | Comments(0)

孤独の名画座(その9)

昨日、とあるシンポジウムが終了してから観た映画です。




発達障害?な女性が主人公なのですが、カメラワークが秀逸。
あぁ、こういう人ってこのように世界をみているのかなぁと、ド素人なボクにも想像できる特殊な映像効果を使っていました。

みんな根っこは優しい人たちが寄り添い合うハッピーエンドなシナリオは鑑賞後に心温まります。
色々世知辛い、邪魔くさい日常をひと時忘れて、楽しい映画を大人な観客たちとともに笑って、緩やかな連帯を感じさせるのがこの名画座のいいところです。

[PR]
by shinzo_h | 2017-09-27 23:34 | 孤独の名画座 | Comments(0)

孤独の名画座(その8)

昨日に続いて、土曜日も竹橋で開催された学会に参加してきました。
昨夜、高田馬場のクラブで深夜1時過ぎまで友達と夜更かししたため、完全に寝不足でした。

午後6時前に学会会場を後にして、飯田橋の名画座へ。




オリジナルは1985年に製作された映画です。
ボクがあまり好きではない時代の台北の風景はもろ日本の昭和ど真ん中な感じ。

ストーリーに共感できず早々に寝落ちして30分過ぎに起きてそっと映画館を抜け出しました。
今日は早く寝て明日は信州へバイクツーリングに出かけます。

遊んでいる場合ではないのですが、こういう時ほど頭を空っぽにしておく時間を確保しないと。

[PR]
by shinzo_h | 2017-09-09 21:40 | 孤独の名画座 | Comments(0)

孤独の名画座(その7)

先週に続いて2本立てのもうひとつを観ました。




原題はUnder sandet(英名はLand of Mine)です。
邦題に違和感がありますが、第二次世界大戦まもないデンマークを舞台とした映画です。

デンマークとドイツの合作ということに考えるものがありました。
韓国と日本でこのような映画が制作されるようになる日はまだまだ遠いだろうな。


[PR]
by shinzo_h | 2017-06-06 22:43 | 孤独の名画座 | Comments(0)

孤独の名画座(その6)

数日前に飯田橋の名画座で観た映画。




テロリストに対する無人機のミサイル攻撃の作戦を巡る人間ドラマでした。
米国と英国の緊密さと政治的な温度差がよく表れているなぁと思いました。

作戦実行の判断を巡って、理想と現実の狭間でどこまで自身の思いを貫くことができるのかをそれぞれの立場から追求し、ぶつかり合う姿は見ものでした。

実務家肌なボクは軍人の思考様式に思い切り共感していましたが、たとえ不合理なものであったとしても高度な政治的な思惑?にも折り合いをつける必要があるのもまた事実。

[PR]
by shinzo_h | 2017-06-03 22:53 | 孤独の名画座 | Comments(0)

孤独の名画座(その5)

東京で過ごす週末。
土曜日はあいにくの雨でしたが、日曜日は曇り空でした。

午後から日本橋のオフィスで野暮用をすませて、飯田橋の名画座に寄ってきました。




主演の女優さんのデビューしたての頃を記憶しているので、隔世の感があります。
オダギリジョーはこの手の役を演じると上手いなぁ。

[PR]
by shinzo_h | 2017-05-14 21:03 | 孤独の名画座 | Comments(0)

孤独の名画座(その4)

業界の打ち合わせの後、2日連続で映画を観てきました。
今夜は名画座です。



軍事独裁体制から移行した頃を舞台としたアルゼンチンの映画です。
いつも感じるのですが、ここの名画座のセレクトはセンスがいいな。

[PR]
by shinzo_h | 2017-03-29 23:54 | 孤独の名画座 | Comments(0)

孤独の名画座(その3)

今夜、飯田橋の名画座で観た邦画がこれ。
3時間の長尺でした。



主演は昭和顔美人といわれている女優さん。
透明感がある映像はこの監督ならではですが、この女優さんによる部分も多いような。

クスっと笑う場面を共有できる大人な空間が落ち着きます。

[PR]
by shinzo_h | 2016-12-08 22:33 | 孤独の名画座 | Comments(0)

孤独の名画座(その2)

今週末は東京で過ごしています。
今日は朝寝坊して、お昼頃から日本橋のオフィスで宿題をちょこっとやり、東京駅で食事を取ったあとスパで一汗流して、飯田橋の名画座へ。

観たのはこれ。


名画座でないと絶対観ないだろうなという邦画でした。
なにげない日常が淡々と描かれた良作でした。

なんだかかったるいので、今日は誰とも話さないで過ごそうと思っていましたが、オフィスでたまたま出会った同僚と言葉を交わしてしまったことが心残りです(謎)

[PR]
by shinzo_h | 2016-11-27 23:23 | 孤独の名画座 | Comments(0)

孤独の名画座(その1)

一昨日、飯田橋の名画座で、タイの爽やか系恋愛映画を観ました。



六本木ヒルズのシネコンの観客と異なり、ほとんどがミドルエイジ(笑)
でも、コミカルなシーンで笑い声があちこちから聞こえてくるよい雰囲気でした。

名画座でないと絶対観ないだろうな、と思うマイナーな映画ですが、明るい気持ちになる佳作でした。

[PR]
by shinzo_h | 2016-10-21 23:11 | 孤独の名画座 | Comments(4)

お便りはshinzo2001?yahoo.co.jpまで(?を@に)