ブログトップ

海風に吹かれて

神戸ポタ

昨夜から強風が続いて、時折雨が降っていましたが、午後からホイール交換の効果を試してみたくなり、突発的にロードバイクで神戸方面へポタリングをしてきました。追い風の時は自分の脚力があがったように勘違いしましたが、横風にあおられそうになったり、向い風では全然前に進まなかったりで、前のホイールとの違いを体感するのは困難でした(笑)。

住吉の近くでシャワーのような雨に遭遇して、顔見知りの営業担当者がいるクルマのディーラーさんに駆け込んで、一時しのぎの雨宿りを目的とした試乗をさせてもらいました。自転車でクルマを買いにくる客なんて、あきらかに変だったでしょうね(笑)。

這々の体で自宅にたどり着いて、雨に濡れて冷えた体を温めようとお風呂に入ったらベランダ越しに青空が見えました。なんだか損した気分です。。。

強風付き曇、時折雨、のち少しだけ晴れ、の慌ただしい本日のお天気。
b0168516_21332863.jpg

[PR]
# by shinzo_h | 2009-04-26 21:36 | ロードバイク | Comments(2)

プリウスというクルマ

今日は強風が吹き荒れていますのでサイクリングはやめて自宅で寛いでいます。

昨日のニュースでは、5月から販売予定の3代目プリウスが予約殺到のため、トヨタは月5万台の増産体制に入ることを計画しているとか。ライバル車(ホンダのインサイト)を意識した戦略的な価格設定、景気刺激政策としての自動車関連税の軽減などが人気を後押ししているのでしょうが、根底にあるのは世界的な環境意識の高まりだと思います。

現在は環境にまったく配慮していないターボエンジンのSUVに乗っていますが(笑)、プリウスに関しては以前からかなり入れ込んでいました。
1998年の初代プリウスの発売直後に購入しました。

初代プリウス。

b0168516_949050.jpg


新しいもの好きなボクにとって、プリウスは琴線に触れる未来感あふれるクルマでした。「21世紀に間に合いました」という鉄腕アトムを使ったコピーが印象的でした。オーナーズグループに入って、トヨタ自動車本社で当時の開発担当者(現、内山田副社長さん)の方々と意見交換会を行ったことは思い出になっています。いろんな意味でトヨタが思い切ってチャレンジした革新的なクルマでした。

この初代プリウスに3年弱乗った後に、マイナーチェンジしたプリウスが発表されました。デザインは先代のままでしたが、動力機構などはフルモデルチェンジに相当する変更をうけたクルマでした(型式も変更)ので、乗り換えることにしました。

マイナーチェンジ後の初代プリウス。

b0168516_9513310.jpg


このクルマは初代のネガをつぶして完成度がとても高かったです。歴代のプリウス(とっても来月発売するのが3代目ですが)のなかでも、最も好きなクルマです。これまで10数台のクルマ遍歴のなかで、初めて車検を通したクルマとなりました。10万キロ超を乗ると情が移ったのか、乗り換え時に売り払うのがかわいそうになって、親戚にあげることにしました。いまでも現役で動いているようでうれしいものです。

その次に購入したのは2代目プリウスの特別仕様車です。

2代目プリウス。

b0168516_9553896.jpg


2代目プリウスはハイブリッドカーという意味では、もっとも出来がよい、つまり燃費がもっとも良く、あか抜けたデザインでした。しかし、初代プリウスが持っていた理想主義的なクルマ作りが少し後退したように感じました。トヨタの戦略と開発力の凄みではなく、巧みなそろばん勘定の要素が大きくなったクルマという感じでしょうか。

種々の理由から昨年の夏に2代目プリウスを手放して、ボクの10年間のプリウスライフは終止符を打ちましたが、世界中にハイブリッドカーを認知、普及させたプリウスというクルマの存在は偉大だったと思います。
[PR]
# by shinzo_h | 2009-04-26 10:10 | クルマ | Comments(0)

メンテ日和

夕方になって多少明るくなりましたが、雨の一日でした。
午前10時過ぎに、ロードバイクとクロスバイクをクルマに積んで、東灘区のバイクショップ「リブロング」さんに行ってきました。
このショップの店長さんはとても親切な方で、これまでにもボクが保有している数台のバイクのメンテナンスをお願いしています。今日はホイールの交換をお願いし、待っている間に、深江浜の東部市場にある「ふさ鮨」でちょっと早目のランチをとってきました。このお店の上にぎりセット(1450円)はお勧めです。正統派の江戸前としてはどうかなと思いますが、お値段に比べて満足度が高いです。

ランチの後、リブロングさんに戻り、店長さんとしばし自転車談義をしました。店長さんに「再度山から表六甲に抜けるルートがいいよ」と勧められました。なんでも夏でも適度な木陰があって涼しくて爽快とのこと。明日天気がよかったら、ロードバイクでのんびりと行ってみようと思います。

お昼過ぎに自宅に戻った後は、ブロンプトンのクリーニング&リアタイヤ交換の練習をしました。先週末に「Bici Termini」さんで教わったとおりにリアタイヤを外したまでは順調だったのですが、なんと元に戻す方法がわからなくなってしまいました(笑)。電話でみやっちさんに泣きつき、ブロンプトンをクルマに積み込んで法円坂まで一直線。

上町のショップで、みやっちさんに組み付け方法をあらためて解説していただき、無事元の姿に。見ているのと自分で実際にやってみるのとでは違うものですね。まだまだ修行が足りません。復元したブロンプトンをクルマに積み込んで自宅へ。泣きついてから自宅に戻るまでの所要時間は1時間半足らず。西宮浜から大阪方面に行く際は、阪神高速の湾岸線が本当に便利です。ともあれ、やれやれ。
[PR]
# by shinzo_h | 2009-04-25 17:59 | ロードバイク | Comments(2)

雨の土曜日

天気予報とおり今日は朝から雨が降っています。
メンテ日和です。
ロードバイクのホイール交換をしてもらうためにショップに行ってきます。

シマノのR500からマビックの「キシリウムエリート」に。
R500はクロスバイクにつけかえて余生を送ってもらうことにしました。


b0168516_101965.jpg

[PR]
# by shinzo_h | 2009-04-25 10:01 | Comments(0)

祝賀会の後で

仕事関連のプロジェクトが成功したことに対する祝賀会が大阪市内のホテルで開催されて、参加してきました。最初の挨拶を求められ、適当なことを言ったような気がしますが、どんなスピーチをしたのかもう覚えていません。。

招待されているのか、慰労しているのか、ボク自身が微妙な立場であったこともありますが、このようなお祭り騒ぎに対して冷めてしまう自分がいます。確かに晴れやかな場所に招かれるのはありがたいことですが、そんなにうれしいことかな、と自問するもう一人の自分がいます。

主催者にそっと挨拶して、途中で会場を抜け出して、オフィスに戻り深夜の電話会議に参加した後、ブロンプトンを折り畳んでタクシーで湾岸高速経由で帰宅する間の一人だけの時間がもっとも心安らぐ。そんな不思議な夜でした。
[PR]
# by shinzo_h | 2009-04-25 00:18 | Comments(0)

英国からやってきたパーツ

最近、インターネットで英国のサイクルショップから様々な自転車用品を購入しています。一時ほどのポンド安ではなくなったとはいえ、内外格差がまだ存在しています。

今日届いたのはドイターのバックパック(スーパーバイク)とMAVICの完組ホイール(キシリウムエリート2009モデル)です。
購入価格は、前者が58.99ポンドで後者が418.99ポンド。4/23現在の為替が1ポンド143円なのでそれぞれ8435円、59915円に相当することになります。送料は無料。関税/消費税があわせて2000円でした。
注:このお店です。↓
http://www.chainreactioncycles.com/

いずれも国内の販売価格に比べて割安だと思います。海外のネットショップは言語の問題やそれなりのリスクがありますが、自己責任の範囲で利用するのはアリかなと思っています。
[PR]
# by shinzo_h | 2009-04-23 21:33 | Comments(2)

バンコク市街の日本

昨年のタイ出張での街角の風景。
数日後に国際空港が閉鎖されました。
再び政情不安が生じているようですが、GWの日本からの観光客は激減しているのではないかと推察します。観光立国ですから、経済に及ぼす影響も大きいことでしょう。

日本は本当に平和な国です。

b0168516_20322262.jpg



b0168516_2034245.jpg

[PR]
# by shinzo_h | 2009-04-22 20:33 | Comments(2)

お便りはshinzo2001?yahoo.co.jpまで(?を@に)