「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

海風に吹かれて

タグ:雑文 ( 13 ) タグの人気記事

京の都>東の京の都?

今日は京都、明日は東京に出張です。

関西で京都出身の方を見いだす方法があると言われています。
「東京」を発音してもらうのです。

大阪や神戸の人は標準語とほとんど同じように「トウキョウ」と発音しますが、京都の人は「トウキョ」と「トウ」を下がり気味に、「キョ」を上がり気味に発音することが多いのです。

代々続く西陣の友人は「東京は明治になって東に移った都だからね」とその理由を述べていました。

京都の人の挟持でしょうかね。

b0168516_1951865.jpg

b0168516_19133668.jpg

[PR]
by shinzo_h | 2009-05-12 19:04 | Comments(0)

祝賀会の後で

仕事関連のプロジェクトが成功したことに対する祝賀会が大阪市内のホテルで開催されて、参加してきました。最初の挨拶を求められ、適当なことを言ったような気がしますが、どんなスピーチをしたのかもう覚えていません。。

招待されているのか、慰労しているのか、ボク自身が微妙な立場であったこともありますが、このようなお祭り騒ぎに対して冷めてしまう自分がいます。確かに晴れやかな場所に招かれるのはありがたいことですが、そんなにうれしいことかな、と自問するもう一人の自分がいます。

主催者にそっと挨拶して、途中で会場を抜け出して、オフィスに戻り深夜の電話会議に参加した後、ブロンプトンを折り畳んでタクシーで湾岸高速経由で帰宅する間の一人だけの時間がもっとも心安らぐ。そんな不思議な夜でした。
[PR]
by shinzo_h | 2009-04-25 00:18 | Comments(0)

同窓会の話題

今夜は昨年修了した海外のビジネススクールの同窓会でした。
クラスの話で盛り上がったのは、遊びの話題ばかりでケーススタディの話はほとんどしませんでした。意識的かどうかわかりませんが、バカ話9割、ビジネスの話1割という比率はたいへん心地よいものでした。

各々の仕事はおそらく修羅の世界なのでしょうが、お互い直接の利害関係のない世界で生きているとお気楽な話題になりやすいのかもしれません。仕事一辺倒だけでなく、異なる世界で生きている人と交流して、みずからの仕事を見直す機会を得ることは貴重なことだと思うようになりました。異業種交流なんて暇な時間はないよと若い頃は考えていましたが。

「さよならだけが人生だ」という裏返しは「人生は出会いの連続だ」ということ。
素敵な考え方&言葉です。酔った頭でTV番組を観つつ。
[PR]
by shinzo_h | 2009-04-16 22:42 | Comments(0)

山口百恵

いまさらですが、なぜか最近、山口百恵にはまっています。
YouTubeの映像をApple TVを介してテレビで流して楽しんでいます。
この人は本当に時代を超えて美しく、かっこいいと思います。
「美・サイレント」などは、何回観ても飽きないです。

10代半ばから22歳頃までの映像ばかり観ているけれど、彼女も今年で50歳だそうな。
うーーーん。。。
[PR]
by shinzo_h | 2009-04-15 22:53 | Comments(4)

経世済民

Wikipediaの記述では、
「経世済民 / けいせいさいみん)は、中国の古典に登場する語で、文字通りには「世を經(おさ)め、民を濟(すく)う」の意。」とのことらしいです。
経済が話題にでない日はありませんが、本来の意味をどこかに忘れたような議論が多くなされています。
economyを経済と訳したのは福澤諭吉だったようですが、名訳だとつくづく思います。

生産と消費の増大を意味するだけの経済成長というものを継続しなければいけないという前提を考え直す時代を迎えているのかもしれません。

今夜は頭が仕事モードからの切り替えが悪く、漢字が多い文章です。
[PR]
by shinzo_h | 2009-04-10 23:46 | Comments(0)

ランチ難民&平和な一日

諸般の事情により、今日は会社を休みました。
疲れがたまっていたためか、11時過ぎまで起き上がれませんでした。
こんな状態でもお腹は減るもので、ランチをとるために自転車ではなく、
クルマで六甲道方面へ。

辛いものを食べたい気分だったので、「四川」に行くと定休日だったらしく閉まっていました。そこで、気分を洋食に切り替えて「自由軒」に行けども、そこも定休日。もう一度気分を切り替えて、ベトナム料理の「クアン アン ゴン」に歩いていくと、またまた定休日。このあたり一帯の食事処は水曜日が定休日なんですね。

年に何度かこういうことがあります。連続して行きたいお店にふられ続けることが。
再度気をとりなおして、ようやく「山信」で鰻丼にありつくことができました。1時前でランチタイムを若干外していたようで、お客さんはボクともう一組の男女のみでした。おかげで、山信のおばさんと世間話をしながらのんびりとした一時を過ごすことができました。

待望のランチを終えて西宮浜に戻りますと、「ヨットハーバー」沿いの海辺の公園では小さな子供さんを連れたお母さん達がシートを広げて花見をしていました。ぽかぽかした陽気の中、平和な平和な一日でした。

自宅に戻って、昼寝を3時間。。。うーーん。
まぁ、たまには、こういう一日があってもいいかな。



b0168516_2128265.jpg

[PR]
by shinzo_h | 2009-04-08 19:50 | Comments(6)

歓迎会の帰り道

今日は所属している大学院の研究室の新入生の歓迎会でした。
京都市内の焼き鳥屋さんで総勢25人程の宴会でしたが、教授のゲストとしてなぜか京都府警の捜査第2課長さんが参加されておられました。

最近、人のネットワークというものを意識するようになりました。
仕事と家庭と地域社会と趣味と学校と様々なフィールドで様々な人との出会いがあります。人のつながりをもつよう心がけること、あまり意識しないでできれば接触を避けること、おそらく前者がよりポジティブな生き方につながるのでしょう。しかし、ボク自身は本質的に後者のタイプのような気がします。

本来の自分に無理をしない程度に人のつながりをもって有意義な人生を送ることが大切であり、バランスをうまく取ることを模索する必要があると考えています。
ボクの年代にありがちな仕事だけにのめり込むことの危うさを感じています。
不惑の年代というけれど、まだまだ惑う年代です。
[PR]
by shinzo_h | 2009-04-07 23:02 | Comments(0)

新年度が始まりました

新年度が始まりました。
ボクの職場に配属されてきた人の非公式歓迎を兼ねた夕食会を二人だけやって、さきほど帰宅し、一息ついているところです。
未曾有の景気悪化が続いている昨今、先行き不透明感が強いですが、気持ちは明るくやっていきたいものです。
そういう意味で、現在のマスコミの論調はいかがなものかと思います。必要以上に悲観的なニュースを流して、景況感を悪い方向に導いている気がしてなりません。
あ、いかん。
頭の中が仕事モードから切り替わっていない。。。
[PR]
by shinzo_h | 2009-04-01 23:32 | Comments(2)

記事にリンクが貼れましたが・・

Macではうまく表示されませんでしたが、Windowsだと簡単に記事にリンクを貼れました。
よくわからないなぁ。。。

あと、ロゴをオリジナルの写真に変更しました。
昨年の秋のパリ出張の休日に行った、ルーブルの「ミロのビーナス」です。
メタボな自分への自戒を込めて・・・。。

雰囲気をだすためにセピア仕上げにしましたが、ページ全体の雰囲気と合わないですね。
また、試行錯誤してみます。
[PR]
by shinzo_h | 2009-03-29 22:27 | Comments(0)

日曜日らしい日

昨夜の余韻のせいか大学生だった頃の夢をみて、今日は8時に目覚めました。
朝からozunuさんを見習って、コーヒーを嗜みながら昨日のポタリングに連れ出したtikitの清掃をしました。疲れている直後にはできないものですが、汚れがとれた自転車は愛着がわきます。

10時近くなるとお腹が減ってきたので、クルマで湾岸線を経由して堺の定食屋さん(「ゲコ亭」さん)へ。朝からごはん2杯、おかず3品、お吸い物をお腹いっぱい食べて1700円。往復の交通費を考えると決してリーズナブルとはいえないけれど、時々むしょうに行きたくなるお店です。

ゲコ亭でのブランチ(ちょっとイメージと違う?)の後は、道路を隔ててすぐ近くにある「かん袋」さんに寄って、氷くるみ餅のシングルをデザート代わりに食べました。
今日は完全にカロリーオーバーですね。。。
ともあれ、堺での食事を終えた後、Bici Terminiさんへ。

カスタムのため預けていました、ブロンプトンを一時引き取りに行ったのですが、ちょうど3人連れのお客さん(男性1名、女性2名)が来店されており、男性の方がグリーンのブロンプトンを納車されるところでした。びっくりしたのが、お二人の女性のお客さん。それぞれ既にブロンプトン(ロウカラーとレッド)を所有されており、すでに5速化していたり、MハンドルからTバーハンドルに変更していたり。
話を聞いてみるとどうやら彼女達が男性をブロンプトンの世界に引きずり込んだそうです。

逆パターンはときどき見かけますが、こういうケースもあるのですね。ボクのブロンプトンに興味をもたれていた様子でしたので、試乗されますかと声をかけたところ、お二人とも喜んでお店の周りを1週されていました。見知らぬ方と気軽にお話することはなかなかないものですが、お互いに好きな自転車の話ですと話が盛り上がるのでなんだかうれしいものです。
[PR]
by shinzo_h | 2009-03-29 20:19 | ミニベロ | Comments(2)

お便りはshinzo2001?yahoo.co.jpまで(?を@に)