ブログトップ

海風に吹かれて

カテゴリ:書籍( 28 )

ブッダ最後の旅

土曜日の午後、教育TVの番組で紹介されていた本。





なるほどね。
高校生の時に読みふけっていた本でした。

内容はとっくに忘れてしまいました。。
岩波文庫フリークだった時代を再開したくなった今日この頃。

[PR]
by shinzo_h | 2018-11-17 14:56 | 書籍 | Comments(0)

予定調和をぶっこわせ!

何日か振りに東京に帰ってきました(ん?どっちが本拠地だ??)。
東京へ向かうのぞみの車中で読んだコミックスが秀逸でした。

さよなら、ハイスクール



Amazonの月定額の読み放題サービスでたまたま見つけたコミック誌(全3巻)です。
主人公の男の子の気持ちがよくわかるのは、いいことなのか、残念なことなのか。

思春期の不安定さをそのまま今だに持ち続けているようなことに苦笑します。。


(面白ければいいじゃん)

[PR]
by shinzo_h | 2018-10-17 23:47 | 書籍 | Comments(0)

身につまされる・・・

新幹線通勤は読書が進みます。
最近、読んだ本がこれ。





乗車中にネットで購入して、Kindleでその場で読める。
便利な世の中になったものです。

[PR]
by shinzo_h | 2018-10-15 21:26 | 書籍 | Comments(0)

The Decent Society

日本語だと「品位のある社会」





人は自らにないものを求めるものだな。
人によって解する意味が異なりますが「品位」なるものを希求し続けたいとは思います。

[PR]
by shinzo_h | 2018-09-17 23:11 | 書籍 | Comments(0)

拠り所

10年以上前に読んだ本ですが、いまでも手元に置いて時折読み返しています。







初版が刊行されてから既に40年以上の時が流れていますが、ガルブレイスの卓越した先見性と洞察力の深さにひたすら感服します。
古典となった資本論とともに資本主義の本質を考える際の拠り所にしています。

[PR]
by shinzo_h | 2018-08-02 23:53 | 書籍 | Comments(0)

怠惰な時を過ごしながら

栃尾又温泉のぬる湯に浸かりながら読了した本がこれ。






進化の過程で得たヒトの本能が農業を発展させた現代社会において、肥満を必然的に引き起こしてしまう、という主張でした。

暴食を慎む、適度な運動をする、怠惰をやめましょうという勧めを説かれるのですが、ぬる湯に2時間あまり浸かりながら読んでる身としてはなぁ(汗

[PR]
by shinzo_h | 2018-07-09 22:43 | 書籍 | Comments(2)

仕事は楽しい?

立場、境遇はさまざまでしょうが楽しいのにこしたことはありません。





Kindleの読み放題サービスで昨夜読んだ本です。
この本、数年前から話題になっていたのは知っていました。

残り何年働くのかわかりませんが、楽しみながら仕事をしたいものです。
時にはしんどかったり、邪魔くさかったり、報われなかったことがあっても何処かで楽しいと思える瞬間があればなんとか生きていける。

その逆もまた真なり、ということでキャリアチェンジした次第(汗

ボクはオフィスで「ゲームを楽しもうよ」と笑いながら言って、一部の人からドン引きされてしまうのですが、この本でも同様の主旨が書かれていて(我が意を得たり)の思いでした。

[PR]
by shinzo_h | 2018-05-28 23:28 | 書籍 | Comments(2)

困った人

カテゴリー別のベストセラー1位になっている(笑)
どこにも生息しているんだな。。。




少し興味を持ちましたが、(そうそうこんな人っているよね〜)というボヤキに付き合わされる予感がしたのでポチりませんでした。
この種の人の深層心理を理解できても処方せんがなければなんの役にも立たないし。

負のオーラは本からも感染するリスクがありんすなぁ。。。

[PR]
by shinzo_h | 2018-05-21 20:45 | 書籍 | Comments(0)

我らコンタクティ

海外出張の機内ではたまっていた宿題を片づけたり映画を観ることが多いのですが今回はこのコミックをよみました。





同級生だった近所同士の男女が主人公なのですが、よくある恋愛ものにならずに意外性のある展開になっています。
爽やか系の読後感でした。

[PR]
by shinzo_h | 2018-05-20 20:03 | 書籍 | Comments(0)

プロセスはどうでもいい

100日間遊んでから、ビジネスの世界に舞い戻って2週間が過ぎました。
感想は、とにかく1日が長いこと(笑)

仕事をスタートするための各種手続きや挨拶回りばかりをして、まだ自分のペースで仕事を進めることができないことが主な理由です。
とはいえ、仕事のお話をする機会が少しずつ増えてきました。

新しい職場でお会いする人と意見交換して、よく感じたことが概念やプロセスをとても大切にしているなぁということです。
概念が固まらなければ始まらないことはありますし、職人的にプロセスにこだわる気持ちも理解できます。
でも、結果に徹底的に拘る姿勢、その先になにがあるのかを突き詰めて考え抜く能力があまりみえてこない。

社風といわれればそうなのでしょうが、結果が出ない努力に意味はないということが信条のボクにとって、アウェイ感を覚えます。
概念遊びは嫌いではありませんが、仕事というゲームは結果に拘ったほうがライブ感があって楽しめるものです。

さて、どうしたものかな。。。

こちらはとても共感する考えの本。
暑苦しくてこの方のようには生きることは到底できませんが。



[PR]
by shinzo_h | 2018-04-14 12:11 | 書籍 | Comments(0)

お便りはshinzo2001?yahoo.co.jpまで(?を@に)