ブログトップ

海風に吹かれて

カテゴリ:時計( 17 )

ref. 116621

先日、引き取ったブツ。




サブマリナーに比べて大人しいデザインです。
ダークロジウムでも良かったのですが、実物を目にすると華があまりないなと思って、チョコレートダイアルとローズゴールドのコンビモデルにしました。

西宮の自宅は目の前がマリーナですが、ヨットに乗る機会がありません。
ヨットマスターを左腕につけることをきっかけにして・・・・ん?こういうのを本末転倒といふ。。。

[PR]
by shinzo_h | 2018-02-09 22:54 | 時計 | Comments(2)

エルメスな時計

一度は見送ったアップルウォッチのエルメスコラボですが、ちょっといいことがありましたので、自分へのご褒美にしました。

シンプルトゥールの革ベルトでは装着時に面倒なのでバックル付きに、色味はエルメスらしいフォーヴにしました。

b0168516_19503240.jpeg
この種のおもちゃはアルミ筐体のスポーツモデルが本来の姿なのでしょうがこのパッケージにそそられた感じ。


参考写真
b0168516_19563151.jpeg

まぁ、ブランド物なんて所詮こんなもんです。。


[PR]
by shinzo_h | 2018-01-16 23:47 | 時計 | Comments(2)

Smurf

ロレオタなんて言葉があります。
そんなオタクな人たちの間で "Smurf" と呼ばれているモデルがこちら。




パテックやバシュロン、オードマ・ピゲなどの雲上ブランドに比べるとわかりやすいと思うんですよね、ロレックスは。
現行レファレンスで分厚くなったラグが座布団のようだと揶揄されているサブマリーナですが、無垢のホワイトゴールドのいいモノ感は伝わってきます。

イエローゴールドとステンレスのコンビの青サブよりもお上品。

[PR]
by shinzo_h | 2018-01-07 20:37 | 時計 | Comments(0)

琺瑯時計

年内ギリでエナメル時計がやってきました。




ダイヤルの質感と渡辺力氏がデザインしたフォントだけ(失礼)に惹かれました。

側のエッジは緩いし、自動巻のメカも安っぽい(笑
テカテカ光っていたベルトは高島屋ウオッチメゾンで見立ててもらったマットな革ベルトに変更してもらいました。

次はもちっといいやつにしよう。

[PR]
by shinzo_h | 2017-12-28 22:11 | 時計 | Comments(0)

Enamel Dress Watch

自分へのクリスマスプレゼント(笑)




メカは大したことはありませんが、独特のぽってりした白さが好み。
クロコダイルの革ベルトの質感がよろしくありませんので、早々に交換しようと思います。

[PR]
by shinzo_h | 2017-12-24 22:16 | 時計 | Comments(0)

スッキリしたロゴへの違和感

2017年の中頃からグランドセイコーのロゴが変わりました。
具体的には、ほとんどのモデルがSEIKO、GS、Grand Seikoと3連で表記されていた文字盤からSEIKOのロゴが消えました。

例えば、ボクが数年前に入手したモデルがこれ。

SBGH001
b0168516_07275579.jpg


文字盤がマイナーチェンジした同モデルがこれ。

SBGH201
b0168516_07275879.jpg

この文字盤の変更はピンキリなSEIKOというブランドイメージから脱却して、GSブランドを確立したいという意図があるのでしょう。
長い間、3連のロゴがうるさいという批判が存在していたことも事実です。
しかし、元々SEIKOの文字のスペースがあることを前提にデザインされていた文字盤からSEIKOの文字を外して、旧来のロゴの配置を変えるという安直さはいただけません。

このモデルに限っては前のモデルの方がまだしっくりくるように感じます。
ブランドイメージを高めたいという本来の狙いと逆方向に働いている残念な事例になっているように思います。
いいモノを作っているという自負でデザインは二の次にされたのかなぁ。。。

日本企業が衰退する要因のひとつに、このような思考様式があるのかもしれません。

[PR]
by shinzo_h | 2017-12-13 22:00 | 時計 | Comments(0)

ジョブズが好んだ時計

2017年2月に復刻版が発売されましたが、即完売。
今はプレミア価格でやりとりされている腕時計の第2弾が再びリリースされました。
今回はホワイトモデルです。


セイコー シャリオ
b0168516_16554217.jpeg

先代のブラックカラーの方がらしいのですが、定価の2倍以上の価値を見出せなかったのでスルーしていました。

今回も即完売だったようですがまだそこまで高騰していませんでしたので、保管用を含めて闇ルート経由(笑)で2つ押さえておきました。

実物は見ていませんがおそらくたいしたものではないでしょう。
チプカシにも似たデザインのものがあるのですがここは気持ちのもちよう次第です。

[PR]
by shinzo_h | 2017-12-10 20:00 | 時計 | Comments(2)

アップルなウォッチ

最近、Rolexが続いていたし、気分一新したくなったし。。。


b0168516_13440971.jpg

というわけでエルメスとのコラボモデルを予約しかけたのですが、LTE機能が新しいモデルで電話をすると1時間くらいでバッテリーが切れてしまうことや、内蔵のeSIMだと通信業者との新たな契約が必要ということがわかりました。

新し物好きとしては残念ですが、ご縁がなかったようですのでひとまず見送ることにしました。
シンプルなスマートウォッチとして割り切って使うことが吉かな(要、再検討)。

[PR]
by shinzo_h | 2017-09-17 20:20 | 時計 | Comments(0)

アンティークの価値がわからない

いつぞや紹介しました20代の頃に入手したエクスプローラー。

Ref:1016
b0168516_20275418.jpg

手持ちの遊ぶお金が苦しくなったので、中野ブロードウェイでドナドナしてきました。
1988年の最終ロット品だったことからプレミアが出ていたそうで、当時の2倍以上の価格で買い取ってもらえました。
やれやれ、これで明日から一息つける。。。

温泉旅行から帰ったばかりだったこともあって、ロードバイクで財布も持たずにフラッと行ったのですが、帰り道はこれをはめていましたさ。

Ref:214270
b0168516_20284684.jpg
当時の36mmから時代は移り、最新モデルは39mmになっていました。
ブラックカラーのダイヤルの時計はひとつはあったほうがいいからね(独り言)。

マッチポンプもいいところ。。

[PR]
by shinzo_h | 2017-08-06 20:38 | 時計 | Comments(0)

イメージからはいる

慶良間でのダイビング三昧の日々に影響されて?ダイビングウォッチが欲しくなりました。

本当はロレックスのサブマリーナデイトのWGが欲しかったのですが、当然のことながらお高くて手がでませんでしたので、安直な方に流れました。



本家のロレックスのラインアップにはないチタン合金のモデルです。
ディフュージョンラインは遊び心があって、お手軽で面白そう。

まだ手元に到着していませんが、42mmサイズなので少々大きいのではないかと予想しています。
カジュアルに過ぎるようにみえますがもともとそのつもりでしたので、まぁいいでしょう。

[PR]
by shinzo_h | 2017-07-20 22:07 | 時計 | Comments(0)

お便りはshinzo2001?yahoo.co.jpまで(?を@に)