ブログトップ

海風に吹かれて

カテゴリ:クルマ( 77 )

チームパン屋・はぐれ隊員レポート

雨模様の土曜日。寝坊して起きたのが午前11時。
この時点でもうやる気がしていない感ありあり(笑)

クルマで行く距離ではなかったのですが、先日行って気に入ったカレー屋「ラーマ」さんでランチしました。店主の方がボクを覚えていておられたらしく、退出前に世間話を少々。なんでもマウンテンバイクが好きだそうです。今度は自転車の話でもしようかな。

サーリーのシクロクロスバイクのフレームとその他死蔵していた自転車パーツをクルマに乗せて、上町のBici Terminiさんに持ち込みました。みやっちさんと色々相談し、脱力系通勤用バイクのイメージを伝えて、組み付けをお願いしてきました。

まだ小雨が降っていたので、今日の自転車遊びはあきらめました。その代わりといってはなんですが、最近あちらこちらのブログでパン屋さん巡りがはやっていますので、苦楽園にクルマを走らせて以前から気になっていたお店に向かいました。

お店の名前は「La Baguette de Paris YOSHIKAWA」さん。オーナーの吉川さんは、「クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジェリー」の日本代表選手選考会で優勝し、2005年にパリで行われた本選でも3位入賞という輝かしい経歴を持たれている実力派シェフとのこと(以上、コピペ)。

ボクは上記のようなタイトルにはあまり興味がなく、パンが美味しいかどうか、お店のスタッフ、雰囲気がよいかどうかを重視します。バゲットがおすすめのようでしたが、適当に5、6種類のパンを買いました。

樋之池公園前の場所に2009年4月にオープンされたこのお店は、お洒落で明るい店内でスタッフもきさくで気持ちいい接客でした。まだ作りたてでほんのり温かかったカレーパンしか食していませんが(そういえばランチもカレーだったな・・)、とても美味しかったです。

かなりの実力店ですね。この近辺はレベルの高いパン屋さんが点在しており、どこのお店にいくか迷うところです。贅沢な悩みですが。

b0168516_18261982.jpg

[PR]
by shinzo_h | 2010-03-06 18:37 | クルマ | Comments(6)

ぐずぐず買い物ドライブ

昨日は羽田発大阪行きのANA最終便に乗りそこねたため、新幹線で東京から帰ってきました。金曜日の夜ということもあってか、のぞみの通路側の座席が満席でしたので、やむを得ずグリーン席でのんびりしてきました。体力的に楽な移動にしたつもりだったのですが、今朝起きたら既に9時過ぎ。

うぅ、体力低下が否めない。。。
最近、こういう自堕落な休日の過ごし方が多いなぁ(反省)。

うだうだしているうちにお昼前に英国から送付されたブツが自宅に届けられました。ということで(?)、ロードバイクでのポタリングは諦めて、大阪方面への買い物ドライブに切り替えました。

まずは前回、行き損ねたJR西宮駅近くのカレー屋「ラーマ」さんでランチです。今日はオープンされていました。正午少し前だったためか、お客さんはボクを入れて2、3人でした。まだ若い店主が1人で切り盛りされているお店でした。ひよこ豆キーマカレー(750円)と大盛り(+100円)とそぼろ付きミニチャイ(+100円)の950円也。

カウンターにはスパイスがいっぱい。
b0168516_17512193.jpg


店主はきさくな方で、いろいろとお話をしました。なんでも肩の怪我のためこの1週間は店を閉めており、今日から再開したそうです(ラッキー)。カレーは独学で勉強されたことや、カレーの辛さはお好みで調整可能だということなどをお聞きしました。大阪のカレー屋さん(「カシミール」の後藤さんや「バンブルビー」の藤岡さん)について情報交換をしてきました。

カウンター7席程度とキャパは小さいですが、清潔で気持ちよい店内でした。置いてある雑誌から想像するにカメラにも興味がもたれているようです。今度行ったらカメラの話でもしようかな。ということで、ラーマさんはあたり!です。

次は、豊中に向かってクルマを走らせ、桃山台にあるパン屋「ア・ビアント」さんの本店にお邪魔しました。北摂に住んでいた当時、定期的に行っていたお店の一つです。ここんちで7、8個のハード系パンを買って明日の朝食に、というわけです。

その後、某自転車店にお邪魔して英国からのブツを手渡して、よからぬ相談をすること暫し。。。(^_^; こんな悪だくみをしている時間がたまらなくよいですねぇ。

まだ続きます。
[PR]
by shinzo_h | 2010-02-27 18:33 | クルマ | Comments(2)

マイカー通勤

先日カスタムを完了したばかりの白銀号ですが、ハンドルバーのカットやステム延長、それに伴うワイヤー類の取り回しを再度Bici Terminiのみやっちさんにお願いすることにしました。

というわけで、今日はクルマのトランクに白銀号を搭載して、マイカー通勤です。いつものように自転車通勤でもよかったのですが、昨日の雨模様のお天気と今朝の寒さに心が挫けました。^^;

仕事を片付けてBici Terminiさんに白銀号を預けた後は、法円坂から湾岸線を夜のドライブ。なんとなく興が乗ったので、西宮浜を通り過ぎて六甲アイランドまで。途中、苦楽園のとあるカフェで寄り道した後、自宅に帰りました。

自転車通勤時の爽快さは感じることはできませんが、こんな気ままな通勤もたまにはいいかもしれません。
[PR]
by shinzo_h | 2010-02-16 21:03 | クルマ | Comments(2)

クルマの修理代金って??

先日、ディーラーに見積もってもらったリアドアのかすり傷の修理代金16万弱。
とある方に紹介していただいた尼崎の修理工場に相談したところ約4分の1の見積もり。

お安いだけでは仕上げをみてみないと判断できないと思っていましたが、先週の会社の帰り道に引き取りにいって驚きました。痕はまったくわからない見事な仕上げ。修理工場のひと曰く、塗装が6層コートだったため、色味合わせが大変だったと笑ってこぼされていました。

これで自転車パーツに回せるお金ができたな。。。(←おおきな勘違い)
[PR]
by shinzo_h | 2009-11-15 20:40 | クルマ | Comments(8)

ケ・セラ・セラ

日曜日の朝は良いお天気でしたが、天気予報のとおりお昼前あたりから曇り空になって昼過ぎから大雨になってきました。

今日のランチは、クルマで尼崎の洋食屋「グリル一平」さんに行ってきました。蔦のからまるお店の外観はシックですが、店内の雰囲気はしっかり下町の洋食屋さんです。

サービスランチ800円。
b0168516_15533746.jpg


ちゃんとしたデミグラスソースが美味しいチキンカツでしたが、ライスの量がちょっと少ないかな。

帰り道にちょこっと寄り道した関係で、住宅街の狭い道に入り込み、とある四つ角を左折する際に、道路にはみ出て立っていた細い電柱にクルマの左リアドアをこすってしまいました。

台風のような激しい風雨の中、住吉山手にあるディーラーさんに駆け込んで、修理代金を見積もってもらったところ16万弱。。。たかがドア一枚のかすり傷の修理がこんなにすることに驚きました。
アイタタタ。

まぁ、こんな一日もあれば、思いもかけないよい日もあることでしょう。
[PR]
by shinzo_h | 2009-11-01 16:11 | クルマ | Comments(6)

枚方、茨木、大阪市内ドライブ

昨夜の夕食は、大東市の餃子専門店「丸正」さんまでクルマを走らせました。西宮にきてから縁遠くなっていたお店ですが、大将は職人気質のままで、あいかわらず美味しかったです。

午前中に茨木方面に野暮用がありましたので、そのついでにあちらこちらの自転車ブログに報告されている枚方の有名なかき氷屋「枚方凍氷」さんまで足を伸ばしました。もちろんクルマで。。(笑)

枚方凍氷。
b0168516_17393248.jpg


マンゴー味。
b0168516_17395382.jpg


午前中に到着しましたので、お客さんはまだ少なく、並ぶことなくありつけました。真夏の日差しの中、きめ細かい氷が美味しいのですが、昨日の「あかちゃ家」さんのかき氷のほうがより美味しく感じました。

その原因は、昨日は自転車で今日は自動車というボクの移動手段の違いということに尽きるのでしょう。かき氷は食べ手にそれなりの状態(=汗かきモード)になっていることでより美味しさが増す食べ物ですね。

車中より河川敷を望む。
b0168516_1740836.jpg


枚方は日本一体感温度の高い街だそうですが、本当にくらくらっとするような強い日差しでした。河川敷でゴルフをしていた人がおられましたが、これはなにかの拷問かと思ってしまうほど。(^_^;

その後、江坂方面に移動して青麻呂さんが以前、紹介されていたつけ麺を食べに行きましたが、残念ながらお盆休みでした。

幻のラーメン、時屋さん。
b0168516_17405118.jpg


仕方なく、その近所のインド料理屋さんでランチをとりました。ナンが少々焼きすぎなことを除けばまずまずの及第点でしょうか。

急遽代役のインド料理屋さん。
b0168516_17414974.jpg


夏休み3日目はこうして平和に終わりました。さて、今夜はお寿司でも食べに行こうかしらん。こうして一人で外食するのは下宿していた頃にもどったようで楽しいものです。
[PR]
by shinzo_h | 2009-08-14 17:53 | クルマ | Comments(4)

プリウスというクルマ

今日は強風が吹き荒れていますのでサイクリングはやめて自宅で寛いでいます。

昨日のニュースでは、5月から販売予定の3代目プリウスが予約殺到のため、トヨタは月5万台の増産体制に入ることを計画しているとか。ライバル車(ホンダのインサイト)を意識した戦略的な価格設定、景気刺激政策としての自動車関連税の軽減などが人気を後押ししているのでしょうが、根底にあるのは世界的な環境意識の高まりだと思います。

現在は環境にまったく配慮していないターボエンジンのSUVに乗っていますが(笑)、プリウスに関しては以前からかなり入れ込んでいました。
1998年の初代プリウスの発売直後に購入しました。

初代プリウス。

b0168516_949050.jpg


新しいもの好きなボクにとって、プリウスは琴線に触れる未来感あふれるクルマでした。「21世紀に間に合いました」という鉄腕アトムを使ったコピーが印象的でした。オーナーズグループに入って、トヨタ自動車本社で当時の開発担当者(現、内山田副社長さん)の方々と意見交換会を行ったことは思い出になっています。いろんな意味でトヨタが思い切ってチャレンジした革新的なクルマでした。

この初代プリウスに3年弱乗った後に、マイナーチェンジしたプリウスが発表されました。デザインは先代のままでしたが、動力機構などはフルモデルチェンジに相当する変更をうけたクルマでした(型式も変更)ので、乗り換えることにしました。

マイナーチェンジ後の初代プリウス。

b0168516_9513310.jpg


このクルマは初代のネガをつぶして完成度がとても高かったです。歴代のプリウス(とっても来月発売するのが3代目ですが)のなかでも、最も好きなクルマです。これまで10数台のクルマ遍歴のなかで、初めて車検を通したクルマとなりました。10万キロ超を乗ると情が移ったのか、乗り換え時に売り払うのがかわいそうになって、親戚にあげることにしました。いまでも現役で動いているようでうれしいものです。

その次に購入したのは2代目プリウスの特別仕様車です。

2代目プリウス。

b0168516_9553896.jpg


2代目プリウスはハイブリッドカーという意味では、もっとも出来がよい、つまり燃費がもっとも良く、あか抜けたデザインでした。しかし、初代プリウスが持っていた理想主義的なクルマ作りが少し後退したように感じました。トヨタの戦略と開発力の凄みではなく、巧みなそろばん勘定の要素が大きくなったクルマという感じでしょうか。

種々の理由から昨年の夏に2代目プリウスを手放して、ボクの10年間のプリウスライフは終止符を打ちましたが、世界中にハイブリッドカーを認知、普及させたプリウスというクルマの存在は偉大だったと思います。
[PR]
by shinzo_h | 2009-04-26 10:10 | クルマ | Comments(0)

お便りはshinzo2001?yahoo.co.jpまで(?を@に)